2013-12-23
ホームリフロー

今年のマウスの基板実装はリフローに挑戦してみました。
基本的にはこちらこちらなど先人達を参考にしましたが、
メタルマスクの作り方が少し違ったりします。


マスクの材料はヨドバシで買ってきた0.13mmの耐水シート。ポリエステル製。
これを0.2mmのエンドミルでNC加工。


そのままだと毛羽立ってる。


耐水ペーパーとデザインナイフで綺麗にしたのがこちら。


半田印刷。
使ったクリーム半田はサンハヤトの鉛入りのやつ


ヨドバシで買ってきたうちのリフロー炉。山善のグリル鍋
実績の有るホットプレートの兄弟。


で、出来たのがこちら。以下結果・感想。

  • 0.5mmピッチQFPのところで3箇所ブリッジした。
  • マスクシートの厚さはもっと薄いほうが良さそう。0.1mmぐらい。
  • 基板が0.4mmだった所為か、予想より早く半田が溶け始めた。
  • そのために部品が十分に加熱されなかったのか、十分に半田がぬれ広がっていない部品があった。
  • 結局あちこち手で修正した。余計に時間かかった。
  • ちゃんと温度測ってプロファイル作ってからやるべき。
  • 正直この規模だったら手半田のほうが早い。
  • ちゃんとやればBGAも出来る気がしてきた。



0 コメント | コメントを書く  
Template Design: © 2007 Envy Inc.