2009-08-22
windows7でも動くよ

パソコンを新しくしたので、stm32の開発環境も新しく入れ直しちゅう。
半年前にも苦労したが、今やってもやっぱり苦労する。この半年でネット上にだいぶ情報が増えたような感じはするんだけどね。
で、なんとか、新しくプロジェクトを作ってそれをビルドして、ってところは出来たんだけど、以前の環境のときのプロジェクトがビルド出来ない。なんでじゃーー

今回初めてやってみたこととして、ARM-USB-OCDを買って、OpenOCDというものを使ってみた。
こちらもインストールにかなり苦労した。なにやら、バージョンが0.1.0と0.2.0があって?0.1.0は配布終了で?0.2.0はソースの配布のみで?懇切丁寧な解説サイトもあったのだけれど、それでもなにやってるのかわからんちんで。
結局、ARM-USB-OCDのCDに入ってた0.1.0を入れました。
そんなこんなで、なんとかLEDチカチカをステップ実行できました。やった。結構感動。

ただ、この複雑な開発環境を自分が常用出来る気がしない・・・
GCC-Developer-Liteがなつかしい・・・コンパクトでシンプルで素敵なシステムだ・・・

それに、JTAGというやつは、それのためだけに(nRESET端子は除いて)5本も端子を消費する。ちょっとこれをマウスとかに組み込んで使うのは難しいかなぁ。という、自分がこれを使わない理由を作っておく・・・

最後に参考文献を書いときます。
http://homepage3.nifty.com/zus/ARM_M3_Dev_Flame.html
http://www.kimura-lab.net/wiki/index.php/Category:STM32
http://www.teamknox.com/RoboLog03/RoboLog03j.html
http://www.s-m-l.org/dev/ezarm7.html
DWM2008年5月号、6月号



0 コメント | コメントを書く  
Template Design: © 2007 Envy Inc.