2008-12-03
ものすごく間抜けなことを書いてる気がする

最近ARMの勉強を始めた.
STM32F103T8とか素敵デバイスだと思うが,まだ良く分からない.ちょっとピン数がカツカツすぎかな.ひとつのピンへの機能割り当ての重複が多く,ADC入力とタイマー関連の入出力がかぶってたりする.たぶん.

DWM6月号などを参考に,eclipseとgccで環境を構築して,サンプルプログラムをビルドするところまで出来た.ターゲット基板(DWM5月号の付録)への書き込みはまだ.

いままでのH8の開発はgcc developer liteにおまかせ状態だったから,このちゃんとした(?)gccの開発環境では何をすればいいのか分からないことだらけ.メモリ管理とかリンカとか意識したこと無かった.プログラムの基本的なところが分かっていない.
ターゲットCPUをちょっと変更するのにも,サンプルから何を変えれば良いのやら.メモリ容量を決めてるっぽいところをいじるだけで良いのかな.

最初はおとなしくKEIL社かIAR社の開発ツールを使って勉強したほうが良いかもしれない.それか,H8 + eclipse + gccで勉強とか.

JTAGはとりあえず置いといて,UARTかUSBで書き込みする予定.ゆくゆくはJTAGでデバッグとかもやってみたい.
ところで,USBでの開発って,USBで書き込みするためのバイナリ変換が必要とかで,返ってめんどくさそう.それともこれもeclipseから簡単に呼び出せたりするのかな.

そういえば,NiosII IDEってeclipseをベースに作られていたことに,最近初めて気付いた.プロジェクトの管理がしにくい印象があるのだけれど,きっと自分の使い方が悪いのだろう.



0 コメント | コメントを書く | コメントの表示  
Template Design: © 2007 Envy Inc.